MENU

300万の借金を債務整理するには

 

300万の借金を、債務整理で解決する最善の方法とは?

 

あなたはどの債務整理で借金を整理するべきか

 

300万の借金を債務整理

 

返済が行き詰ってしまった300万の借金を債務整理をする場合には、一体どのような債務整理で解決すればいいのでしょう?

 

債務整理には、任意整理民事再生(個人再生)自己破産といった方法があります。その中で300万の借金解決に一番適しているものはどれでしょうか?

 

それぞれの特徴を見ながら、あなたの収入や家庭環境と照らし合わせ、あなたにとって最善な方法を探り出していきましょう。

 

 あなたに合った債務整理がわかる借金無料診断シミュレーター

 

あなたの借金が減額できるかどうか?あなたに最適な債務整理は何か?など、弁護士や司法書士がシミュレーターのデータをチェックして、診断結果をメールで返信してくれます!

 

※毎月の利用者は2万人を超える「街角相談所」が提供するサービスです。

 

↓匿名で利用可能!↓

 

 

いろいろな債務整理の特徴

 

債務整理は自己破産ばかりではありません

 

まずは、債務整理にはどのような方法があるのかを簡単にご紹介しておきましょう。

 

債務整理には、任意整理、民事再生、自己破産といった、三つの方法があります。それぞれどんな特色があるのかを比べてみてください。

 

任意整理の特徴

 

任意整理の特徴

任意整理は、債務整理の中で簡易的に行える債務整理です。裁判所を解することなく、債務者が委任した弁護士または司法書士が、債権者と直接交渉して、元金の減額や利息の免除をしてもらう方法です。

 

但し、元金の減額は、利息制限法で定められた金額より高い利息を支払っていた場合のみ、今まで払いすぎていた金額を元金から減額してもらえますが、利息制限法にのっとった正規の利息をし貼れっていた場合には、減額は見込めません。

 

その場合には、任意整理の交渉が成立した後の返済から、利息を免除してもらい3年から5年で分割で返済していきます。

 

民事再生(個人再生)の特徴

 

民事再生の特徴

民事再生は、300万の借金の場合は任意整理と違って、大きな減額が見込める債務整理の方法です。借金の元金となる300万円の1/3まで減額してもらうことができ、その返済額100万円を3年から5年にわたって返済していきます。

 

しかし、保有している財産や高額商品によっては、その金額分が差額より差し引かれてしまうので、減額が見込めない場合があります。

 

※保有している財産を処分して借金の返済を行ったと想定した分だけ減額から引かれてしまうので、例えば300万の価値のある高額品を持っている場合には、300万の借金の場合には減額は認められなくなってしまいます。

 

家を保有している場合には、その家がまだローン中の場合には、その家は保有財産としてカウントされず、家を手放すことなく民事再生を行えます。

 

但し、ローンが済んでしまっている家の場合には、保有財産としてみなされてしまうので、300万の民事再生は実質上不可能といえるでしょう。

 

自己破産の特徴

 

自己破産の特徴

自己破産は、借金の元金全ての返済が免除されるので、返済するお金は0円となります。

 

しかし、生活していくのに必要とされるもの以外で高額な品物については、それを処分し、そのお金を債権者に返さなくてはなりません。

 

本当に生活に困っていて、財産もないといった場合の救済策なので、財産を保有している人は、それらを手放さなくてはなりません。

 

そのためまったく無償で返済額がすべて免除されるというわけにはいかないでしょう。

 

いかがでしたか?借金が0になる自己破産から、大きな減額が期待できる個人再生。また、大きな減額は期待できない代わりに、簡易的におこなえる任意整理と、債務整理にはこのようにいろいろな方法があります。

 

とは言っても、実際に債務整理をおこなっていく場合には、以上の方法から、自由に好きなものが選べるといったわけではありません。

 

あなたの借金状況や、収入、家庭状況など、いろいろなファクターからみて、必然的にあなたが行える方法が決まってきてしまいます。

 

そこで、次にそれぞれの方法が、どのような方に適しているかをご紹介してみましょう。

 

債務整理

 

 

あなたに合った債務整理は?

 

それでは、どの様な人がどの債務整理に適しているかをひとつずつ見ていきましょう。

 

また、あなたの借入額(債務整理を行う際に残っている借入残高)が300万の場合、それぞれの債務整理を行った場合、現在の借金がどのようになるかも掲載してみました。

 

さて、あなたはどれに当てはまるでしょう?

 

任意整理に適している人

  • できるだけ簡易的に債務整理を行いたい人
  • できれば家族にも内緒で債務整理を行いたい人
  • 借金歴が長く、過払い金が期待できる人
  • 安定した収入があり、毎月きちんと返済が出来る人

 

300万の借金を任意整理した場合

現在の利息が免除されるため、300万の借入金の元金のみを3年から5年で返済していきます。
※過払いがある場合は、その金額を引いた残りを返済回数で割ります。

 

【5年で返済する場合】
300万÷60回=毎月5万円

 

民事再生(個人再生)に適している人

  • 大きな財産を保有していない人
  • 高額な月々の返済額が支払えない人
  • 住宅ローン返済中の人
  • 安定した収入があり、毎月きちんと返済が出来る人

 

300万の借金を民事再生した場合

民事再生(個人再生)を行った場合、300万の借入金の場合は、100万まで圧縮され、それを通常3年間、特別な事情がある場合は最長5年間で分割返済していきます。

 

【3年で返済する場合】
100万÷36回=毎月約2万8千円

 

自己破産に適している人

  • 支払い能力のない人
  • 安定した収入のない人
  • 大きな財産を保有していない人
  • 自己所有の家がない人

 

300万の借金を自己破産した場合

裁判所に、あなたが返済能力がないと判断された場合のみ、自己破産することが可能になります。自己破産が認められると、借入金全額が免除されるため、返済金は0円となります。

 

但し、あなた自身の保有している以下の財産については、清算して債権者に払わなくてはなりません。

 

対象となる財産

自宅や自動車といった高価な財産や、解約返戻金が20万円以上となる生命保険や学資保険など、時価で20万円以上の価値がある財産です。

 

※ここでご紹介しているそれぞれの返済金額は、すべて借金の返済額だけです。債務整理の費用は別途かかります。

 

債務整理の費用>>債務整理の費用について

 

 

債務整理相談を利用する

 

債務整理相談を利用する

以上3つの債務整理を比べてみてあなたに合いそうな債務整理はあったでしょうか?

 

返済額は、誰しもできるだけ少額にしたいものです。しかし、それにはそれだけ条件が厳しくなるのは当たり前のことです。

 

しかし、どれだけ詳しい情報を読み取ったとしても、やはりあなたの現状に合った債務整理は、経験の豊かな専門家のアドバイスを受けるに越したことはありません。

 

また、ネットで閲覧した債務整理の条件を、あなたが満たしていると思っていても、専門的にみると、どこかにクリアできないものがあったり、その逆に、無理だとあきらめていた方法も、経験豊富な専門家が可能にしてくれる場合もあります。

 

あくまでもネットでの情報はガイドラインとして参考程度にとどめ、できるだけ早いうちに、債務相談で専門家に診断を仰ぐことをお勧めします。

 

 

↓あなたに合った債務整理探し↓

 

 

300万の借金おすすめの債務相談

 

300万の借金おすすめの債務相談

300万の借金の債務相談を申し込もうと思っても、一体どこで相談すればいいのか迷ってしまいますね。

 

そんな時には、ネットで簡単に借金相談ができる窓口がたくさん開設されていますので、まずは、そのようなところで相談してみましょう。

 

市町村で行われている、債務相談や、街中の法律事務所に直接行かれるのもちろんお勧めですが、ネットの場合なら、いきなり面と向かって相談するということはありません。

 

相談はメールや電話で行ってくれるので、あなたの借金の悩みを遠慮せずに吐露できます。特に初めての人と話をするのが苦手な人はにはお勧めの方法です。

 

ネット相談窓口を選ぶ3つのポイント

300万の借金の債務整理

ネット上にはたくさんの相談窓口があります。

 

その中からどの窓口を選べばいいのでしょう?

 

もし迷っているなら、次のようなポイントをチェックして、相談窓口を選んでみてください。

相談窓口3つのチェックポイント

  1. 債務整理を得意とするスペシャリストのいる窓口
  2. 減額の有無、その金額がすぐわかる窓口
  3. 債務整理の依頼も可能な窓口

 

1.債務整理を得意とするスペシャリストのいる窓口

 

これは、債務相談を受ける際に、一番重要なポイントといえます。

 

債務整理をおこなえるのは、弁護士、または司法書士となります。そして、どの弁護士も司法書士も債務整理をおこなうことができますが、いずれも、その仕事は債務整理ばかりではありません。

 

そのため、債務系の案件を多数行っている人もいれば、他の案件の取り扱いが多い人もいます。そうなると、おのずと案件ごとに経験則の差がでてきます。

 

そうなると、いくら弁護士や司法書士の資格を有しているからといっても、全ての人が債務整理に詳しいとは言えません。ですから、債務相談を選ぶときには、債務整理の経験が豊富な弁護士、または司法書士にお願いするのがベストです。

 

何事もそうですが、たくさんの経験を積んだ人ほど心強い相談相手はいませんから。

 

2.減額の有無、その金額がすぐわかる

 

利息の上限は法律で決まられていますが、その上限以上の利息を過去に支払っていた場合、それを取り戻すことができます。

 

特に、任意整理をおこなう際には、この返還金の有無は大きな意味を持ってきます。中には、その額が現在残っている借金とおなじくらいあり、差し引きして借金全部がなくなったという人もいるそうです。

 

もちろん、それはレアなケースですが、1/2とか1/3になったということはざらにあります。

 

そんな減額の有無がすぐにわかれば、その後の借金解決の対策も立てやすくなります。

 

3.債務整理の依頼も可能な窓口

 

借金相談で、今後の対策についていいアドバイスをもらっても、それで借金が解決するわけではありません。

 

今度は、そのアドバイスに沿って、債務整理を行っていかなくてはなりません。

 

そこでまた、一から弁護士や司法書士を見つけるのもいいですが、そうなるとまた時間がかかってしまいます。特に、督促が来ている方などは、1日も早く債務整理に取り掛かりたいことでしょう。

 

そのような場合に、相談窓口でアドバイスをしてくれた弁護士または司法書士の方が、そのまま債務整理を引き受けてくれれば、話は早く、スムーズに債務整理が行えます。

 

もちろん、相談したからといって、そこで債務整理をする必要はありませんので、相談やアドバイスに納得できたら検討してみましょう。

 

 

債務整理のスペシャリストに相談する

 

300万の債務整理の相談

債務整理を専門としている弁護士や司法書士に相談したいとお考えなら、毎月2万人以上の方が利用されている「街角法律事務所」というサービスをチェックしてみてください。

 

匿名で申し込むことができるので、「いきなり相談に申し込むのもちょっと・・」と債務相談に躊躇している方も、申し込みやすいサービスです。

 

システムは、「借金診断のシミュレーター」に、あなたの借金状況など、簡単な設問に答えていくだけで、あなたの借金に対して減額の有無や、その金額を教えてもらえ、その後には、債務診断や相談を受ける事ができます。

 

それを受け持ってくれるのは、そのサービスに登録していて、債務整理を得意とする多数の弁護士や司法書士です。その経験豊富な知識から、適切なアドバイスをもらうことができます。

 

もちろん、そのあとに債務整理を依頼することも可能なので、すでに督促が始まっている方も、すぐに着手してもらえます。

 

ホームページに、借金の解決例が掲載されていますので、参考にしてください。

 

 

↓街角相談所匿名相談↓

 
このページの先頭へ